安全な出会い系サイトの3条件とは?

90年台後半~2000年台にかけて、出会い系サイトが援助交際や性犯罪の温床になったことがありました。
そのため、現在まで「出会い系サイト=犯罪、危険」というイメージを引きずっている人が多いようです。

しかし、現在は法律が整備され、援助交際目的の未成年が出会い系サイトに登録出来ないようになっています。
けれども、まだまだ「出会い系サイト」に対する負のイメージは消えていないようです。

ここでは、出会いカフェサイトにネガティブなイメージを持っている人でも安心して利用できる出会い系サイトの3条件をご紹介します。

■料金設定が明確である
悪質な出会い系サイトほど、料金設定が不明瞭です。
「利用料無料」と謳っていても、アダルトな動画・画像は別途料金を取るような出会い系サイトは要注意です。
特に、アダルト動画・アダルト画像は消費するポイントが高いので、トラブルに発展しがちです。

実際、「登録女性会員のアダルト動画」としながらも、実際は業者の作った映像であるケースがあるからです。
安全無料出会いサイトとは別に作られた月額従量課金制のアダルト動画サイトにリンクしている可能性も多いようなので、架空請求の可能性も否めません。

料金設定が明確で、きちんと公式サイトで料金表にして示しているような出会い系サイトが良いと思います。

■女性会員が多い(女性に配慮している)
女性会員が少ない出会い系サイトは、利益が上がっていないことがほとんどです。
女性がいない→(従量課金でお金を払ってくれる)男性の会員が減る→利益が減るという負のスパイラルに陥ってしまうのが理由です。
このような出会い系サイトは儲けるために、上記のような違法スレスレの手段を取りがちです。

利益を上げている出会い系サイトは、必ずと言っていいほど、女性に対する細やかな配慮が成されています。
可愛いキャラクターやポップなデザインで、ともかく女性客を集めようと努力しています。
ぱっと見で「可愛い」感じのする出会い系サイトは、女性会員が多い傾向にあります。

女性会員は利用料無料のことが多いので、直接お金を落としてくれる訳ではありませんが、
男性のお目当ては「女性」。
まずは、女性会員がいないことには、出会い系サイトは成り立たないのです。

■年齢認証をしっかりと行っている
安全な出会い系サイトは、運転免許証などの身分証明書を提出させます。
または、クレジットカードで年齢認証を行います。
この年齢認証の手順をきちんと踏んでいる=出会い系サイト規制法を守っているということなのです。

出会い系サイト規制法とは、18歳以下の未成年の出会い系サイトへの書き込みを禁じる法律です。
援助交際などの具体的な被害が無くても、書き込んだだけに「有罪」になります。
ですので、年齢認証は、出会い系サイトの義務でもあるんです。

しかし、「法律を守る」という当たり前のことを出来ていない、出会い系サイトが意外と多いんだとか。
なかには「18歳以上です」とボタンをクリックするだけで、登録が完了する出会い系サイトもあるそうです。

「出会い系サイト規制法」という基本的な法を守っていない出会い系サイトが、きちんと運営されているのか?
これはNOだと思います。
年齢認証を怠っている出会い系サイトは、登録しない方が良いでしょう。

以上、3つの条件を守っている出会い系サイトは、運営基盤がしっかりとしています。
法律を守りながら、運営しているので、フェイスブックなどのSNSと同じような感覚で利用してよいでしょう。

出会い系サイトは、年齢・体型・(日本なら)住んでいる地域を問わず、異性と出会えるマルチなツールです。
上手に活用して、恋人や結婚相手を見つけた人も多いんですよ!

連絡先

◆運営:『安全無料!おすすめ出会いカフェサイト一覧』運営事務局

◆運営住所:東京都大田区

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">